スポンサードリンク

2011年10月19日

累積走行距離を更新しました

遂に超えました。

やっほーぃ!!


一体なにに歓喜しているかというと
僕のミストラル君が先代のクロスバイクの
累積走行距離を上回ったからです。

1つの区切り、達成です(^_^)v

現在のところ、
ジオスミストラルの累積総経距離は6,859kmです。

DSC00784.JPG

先代のクロスバイク、コールマン君が
ボロボロになって引退したのが6,705kmでした。



比較するのは可哀想ですが、
ミストラル君はまだまだ元気。

コールマン君よりだいぶ優秀みたいです。



先代のコールマン君は5度の故障の末に
引退させました。

具体的に挙げると・・


・スポーク外れが3回
(スポークとは車輪に放射線状に張られている
 針金みたいなの)

・ボトムブラケットの故障1回
(ボトムブランケットとは、ペダルを踏むことで回転する
クランクの軸のこと。通称BB。ハンガー小物とも言います。)

・バンク1回
大きな石でも踏んだらしく、目視で確認できる大きな穴が
空いてしまいました。「シュー」って音がしだして「ん?」
と思いつつも走行していたら「パンッ!」と破裂音と共に
後輪がパンクしました。



これら合計の修理費で1万2千円ほど使いました。

最後は4度目のスポーク外れで、
もう車輪自体が大分歪んでしまい、
車輪ごと新調する必要があるというので
引退させることにしたのでした。

で、GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)を
相棒に迎えて11ヶ月です。


ミストラル君も大分酷使させてしまっていますが、
故障と呼べるのは、この前の疑惑のパンクのみです。

かなり頑張ってくれています。
 
posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

ミストラル君、初めてパンクしました。

前回の記事でノートラブルと書きましたが、
GIOS MISTRALに初トラブル発生です。

パンクしました。
初トラブルですね。




でも不思議なんです。

いつものようにチャリ通勤していたのですが、
行きは問題なくて、「さぁ帰ろう」って時に
我がミストラル君を見てみたら後輪がパンクしていました。

なんで??ってことです。


だって、僕は28キロ超の距離を
走ってきたわけですよね。

その間は何も問題なかったのに、
いきなりパンクしているんですから意味不明です。


で、近くの自転車屋さんで
パンク修理してもらいました。

サイクルスポットさんで840円でした。


で、修理した店員さんが見せてくれたんですが、
ホチキスの芯のようなものが刺さっているんです。



あ、ちなみに、

サイクルスポットに行く前に
タイヤチューブを悪くしちゃうので
空気を入れてから行きました。

約10分ほど、自転車を押して歩いたわけですが、
その間に自転車のタイヤは緩くなっていました。


これが何を意味するか?

例えばタイヤに空気を補充して、
あまり空気が抜けないようなら、
チャリ通勤の途中で知らず知らずのうちに
パンクをさせていて、仕事をしている10時間
とかの間に少しずつ空気が抜けたんだと理解できます。


でも、空気を補充したらすぐに抜けました。

となると、会社に着くホント直前にパンクさせたか、
駐輪場で誰かにパンクさせられたかしかありません。


そーいう話になったんですが、
結局は迷宮入りです。

posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

GIOS MISTRALの累積走行距離は4,179キロ

こんにちは。
久々の投稿になります。

GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)の
累積走行距離は現在4,179キロです。

サイクルコンピュータ

結構乗ったので、
改めてレビューをしてみますね。



結論から言うと、
ミストラル君、グッジョブですぴかぴか(新しい)

なぜなら、今のところノートラブルだから。

僕は普段一切メンテナンスはしません。

自転車屋さんでの定期点検なんてしたことないですし、
自転車カバーなどせず野外の吹きっさらしの場所に
いつも置いているし、車体をタオルで拭いてやることもない。

唯一しているメンテナンスらしいことは
チェーンに油をさすこととタイヤの空気を補充するくらい。

でも、考えてみたら、タイヤの空気補充も
買ってから1度しかしていないです。
いや、2度くらい入れたかな?とにかくそんなもんです。


まぁ要するに、
ミストラル君は可哀想な扱いを受けているんですが、
何一つトラブルなく頑張ってくれていますよってことです。


先代クロスバイクのコールマン君
4度の修理の後に累積走行距離6,705キロで
引退することになったことを考えると、
かなり優秀です。


まぁ自転車も消耗品なのでいつかガタがくるはず。
なので、何かトラブルがでたら報告しますね。

ではでは。

先代が引退した6,705キロを超えたあたりには
またレビューを書きたいと思いますグッド(上向き矢印)

 
posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 06:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

GIOS MISTRALのライトとベル

きっと震災の影響でしょう。

ここ最近、街中で自転車や歩行者が増えました。
それはもう、明らかに増えました。

なので、自転車に乗る際には、
今まで以上に安全走行を心掛けなければいけません。


安全走行という点を話すなら、
ジオスミストラルに欠けているものがあります。

それはベルとライト。

そう、ジオスのミストラルにはベルが付いていないんです。
もちろんライトも。

DSC00381.JPG

写真は先代クロスバイクから引き継いで
取り付けたベルとライトです。

どちらも安価なものですが、
何でもいいので必ず取り付けてください。



特に夜間に走行することが多い方は
ライトは強力なものを選ぶといいです。

夜間走行していてつくづく感じるのですが、
自転車のライトって自分の視野を確保するために
使うんじゃありません。

歩行者や自動車やバイク乗りの方に、自分の存在を
気付いてもらうために使うんです。

だって、そもそも東京なら夜間でも明るいですからね。
自分の視野確保のためならライトなんて必要ありません。

周りに自分の自転車の存在を気付いてもらうために
ライトは使うんだと思います。

だからライトは点滅で使います。


 
例えば、夜間にジョギングをしている人って
最近増えていますが、

自転車で後ろから追い抜く時に、ライトによって
自転車の存在を知らせることができます。

それって安全面でかなりのプラスです。


別の側面もあります。

自転車のベルって出来るだけ鳴らしたくないですよね。

なんか攻撃的だし、鳴らすこちらもすごく気を使うわけです。

でも、ライトなら自ずと分かってもらえるので、
その点、すごく楽です。


だからライトは出来るだけ強力なものを
選んだほうがいいですよ。

僕も新しくライトを買おうと思っています。
posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 00:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。