スポンサードリンク

2011年01月27日

ジオス ミストラル(GIOS MISTRAL)のサドル

初めてクロスバイクやロードバイクに乗る人に
最も多いクレームというか、マイナス点。

それは、

「サドル(尻を載せる部分)が硬くてお尻が痛いよ!」

という意見だと思う。



で、ジオスミストラル(GIOS MISTRAL)のサドルですが、

全然お尻痛くならないっすよ?

GIOS MISTRALサドル


というのも、初めてジオスミストラル君に乗った時、
まず先代との違いを感じたのがサドルでした。

ぺターってお尻に密着するんです。

これはハッキリ明確に先代クロスバイクと違いました。

先代の時も、通勤で片道28キロ走ってる僕ですが、
お尻が痛いという感覚は一度もならなかったのですが、

ミストラル君のサドルは先代と比較して、
更にお尻への負担は少ないと感じてます。


どうしてだろ?

単純な話が、お尻にあたる面積が大きいのかな?

見た目じゃわかんないんだけど。


GIOS MISTRALのサドル

GIOS MISTRALサドル画像

GIOS MISTRALサドル写真


あー、ひとつ嫌な点。

雨に降られると、サドルのミシン目から
水を吸ってしまうので、ズボンが微妙に濡れます。


これは当社比というか先代クロスバイクのサドルと
比較したら5分の1程度の吸収力、つまりあまり濡れないけど、
それでも嫌な点です。

そうそう、先代のサドルはひどかったなー。
雨に降られた後、乗る前にサドルを手で潰すと
ドクドク雨水がしぼり出てました(苦笑)

 
ママチャリみたいにミシンの縫い目がないサドルにすれば
染みることもないと思うんだけど、伝統的な自転車業界に
蔓延する「雨水なんて無視しろ精神」の象徴なのかな。

自転車ショップには縫い目のないサドルも売っているので
ちょっと考えちゃうけど、

まぁ、地味に嫌なんだけど、
サドルを替えるほどのことじゃないかな。



 
posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。