スポンサードリンク

2011年01月24日

GIOS MISTRALのホイール「シマノWH-R500」のレビュー

ジオス ミストラル(GIOS MISTRAL)のホイール(※1)は

シマノの「WH-R500」です。


DSC00295.JPG


DSC00296.JPG


自転車シロートの僕はよくわからなかったんだけど、
このシマノWH-R500ってホイールは結構いいみたいです。



ミストラル購入前に自転車屋さんの
ホームページなどで情報収集をしていたら、

「SHIMANO WH-R500ホイール採用のスピードバイク」
「ホイールはWH-R500です。10万円台のバイクに使われる
ホイールなので、通常この価格帯ではあり得ません!」


というように、

ミストラルのウリとして、
ホイールを強調している方が結構多いのです。


AmazonでのWH-R500ホイールの説明だと

シマノの完組ホイールは社内認定を受けた職人によりすべて工場で手組されます。厳しい品質管理に基づいて作られるシマノホイールは素材の選択からスポークの本数算出、スポークアレンジメントの変更に至るまで空力と剛性を高めるため妥協なき改良が加えられている。


とのこと。

ちなみに、ホイールだけだと
片輪で6千円ちょっとで売っていました。



僕は知識がないんで

「へぇー、そーなんだー。」

って感じでよくわからなかったんですが、
先代のクロスバイクくんの引退原因は3度のスポーク(※2)
外れの後のホイールの歪みだったので、良いホイールなら
それはそれは嬉しいわけです。


なのでシマノのWH-R500ホイールを
標準装備していたのも
ジオス ミストラルを購入した理由のひとつでした。




で、気になるのが「走行してみてどうなのよ?」

ってことですよね。


いやねぇー、

良いんじゃないっすか?

すいません、、、正直よくわかんないんです。


ジオスミストラルに乗り換えてから、
走りが軽く良くなったのは確かですが、
それがホイールがどう影響しているのかって
全然わかんないっす。



車体は同じでホイールだけ履き換えれば
僕でもわかると思うんですが、、、

凄いと思いますよ、ネット掲示板とかで
ホイールについて熱く論争している人たちって。

奥が深い世界なんですねー。



ということで、結論。

良いホイールなんじゃないっすか?

(なんちゅうレビューだよ)



(※1 タイヤをはめる金属やプラスチックの輪のこと)
(※2 車輪のハブとホイールを結び、放射状に取り付けられる棒)


 
posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182261689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。