スポンサードリンク

2012年08月29日

タイヤとチューブを自分で交換してみた

2011年1月にGIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)に乗り出して
累積走行距離も1万3千キロを超えました。

で、タイヤ&チューブを交換ましたー!


切っ掛けはネット記事です。

ネットサーフィンをしていたんですが
「このタイヤ素晴らしい!5千キロは問題なく乗れます!」
みたいなブログ記事を見つけたんです。


僕としては「は?」です。

だって、後輪は交換したけど7425キロまで乗ったし、前輪に至っては今現在も現役で累積走行距離は1万3千キロを超えましたし。んでもって何の問題もないご様子だし。


「5千キロで褒めてるってどいうこと?」

とか思いつつ、
自転車タイヤについて色々と検索してみたら、
どうやらその記事の認識は正しい様子。

3000キロで交換とかでも普通みたい。


僕としてはちょっと府に落ちないわけですが、
ミストラル君のタイヤを見てみると「!!!」

前輪タイヤにヒビが入っていました。

DSC02479.JPG
DSC02480.JPG

「こちとら1万3千キロ以上走っているわい!!」とか思ってたけど、
実はお前はもう死んでいる状態だったんですね(苦笑)。

ブログ記事を読んでいなければ「パンクしたら交換すればいいかな」とか思っちゃっていたかもしれませんが、明らかに走り過ぎであることを認識したんでタイヤとチューブを交換することにしました。


で、ネットで調べてみたら自分で出来そうだったので、
自分でタイヤ&チューブを交換してみることにしました。

選んだタイヤは「ミシュラン社のLITHION2 リチオン2」
色々と調べたんですが、このタイヤが評判が良かったです。

DSC02472.JPG
DSC02475.JPG

タイヤのサイズは700c×25cにしました。
標準は28cなのでちょっと細くなったわけですね。

「自転車の走りで一番違いを体感できるのはタイヤの太さを変えること」
とか聞いたことがあるので最後まで23cにするか迷ったのですが、
パンクリスクを少しでも減らしたかったので25cにしました。

チューブは「SCHWALBE(シュワルベ)」です。
18c〜28cのタイヤで使えるチューブ。
こちらも評判が良かったので。

DSC02489.JPG
DSC02490.JPG

あ、ちなみにジオス・ミストラルの標準ホイールはSHIMANOのR500って奴で、これは21c〜36cのタイヤの装着が可能らしいです。


タイヤ&チューブ交換の作業工程を写真に収めたんですが
ここで僕が説明するよりも100倍参考になるYOUTUBE動画を
貼り付けておきます(^^)



動画を含めて、色々と便利な情報はネットにあるので
必要だったら検索してみてください。

僕が特に参考になったのは

・タイヤには向きがあるので注意
・新しいチューブを装着する際は少しだけ空気を補充してから
 装着作業をするのが楽
・交換作業前に一番軽いギアにしておく(最後のギア合わせが楽)


という情報です。


で、初めての自転車タイヤ&チューブ交換だったのですが、
小一時間で完了しました。

次やったら30分以内に終わらせられると思います。


作業に必要だった工具はこれだけ。

DSC02495.JPG

写真を左から紹介。

何て言うんですか?L字のやつ
これはタイヤを外す際にブレーキ線を緩めなきゃいけないので必要です。

次にタイヤレバー。タイヤを外す時に使います。
これ楽天で700円で買ったタイヤパンク修理キットに入っていたんですが、100円ショップ(ダイソー)で売ってましたよ(笑)。

タイヤレバーだけでも売っていたし、タイヤレバーが入っているタイヤパンク修理キットも100円で売っていました(苦笑)。それで十分だと思います。

空気入れ
あ、そうそう。空気圧がわかる空気入れを間違って
家族に捨てられちゃいました。


たいして工具は必要ないんですね。


で、完成の写真。

DSC02496.JPG
DSC02497.JPG

MICHELIN LITHION2 の文字がカッコいい!!


でで、MICHELIN LITHION2の走りについて。

まず乗り心地ですが、なんというか固くなった印象です。

まぁそれは当然で、タイヤ細くなったし空気圧もバッチリだし、
物理的に固くなっているんだから当たり前ですね。


そしてそして、なんか速くなりました!

タイヤを交換する前日と同じコースを同じ感じで
約29キロの距離を走ってみましたが平均速度がアップしていました。

平均時速19.5kmから平均時速21.3kmにアップ。

タイヤを交換するだけでこんなに速度アップするんですかね!?
ちょっとビックリ。

実は自転車のサドルも2センチほど高くしたんで、
もしかしたらそれも影響しているのかもしれません(^_^)

とにかく平均速度が2キロ近くアップというのは嬉しい!

後は耐久性があれば最高なんですが、
果たしてどの程度もつのかなー。



■参考商品情報



posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

純正ペダルが壊れたので新しいペダルに変えました。

1万3千キロも走ればガタが来るのも当然か。

ジオスミストラル君の
純正(?)ペダルが瀕死状態になりました!!

見てください、これ。

DSC02512.JPG
右足ペダルは瀕死寸前。
右足のペダルは反射板が片面取れてます。

DSC02507.JPG
左足もかなりヤバい。
中のボトルが出だしているもん。


昨日、坂道を力いっぱい登っていたら
妙な違和感を感じて見てみたらビックリです。

踏み込む部分も破損してしまって、
酷く破損している側面では踏み込めない状態です。



なので急遽新しいペダルをお取り寄せ。

ペダルもピンキリありますが、
まぁ似たやつでいいかと、
こんなの買いました。

GIZA LU-895

「GIZA」というメーカーの「LU-895」というペダルです。

価格は453円(笑)。

早速これを取り付けようと思ったのだけど
全然ペダルが外れない!

レンチで力いっぱいやっているのだけど無理。

潔く諦めて近所の自転車屋さん「サイクルベースあさひ」へ。
525円で取り付け交換してもらいました。

DSC02815.JPG

まぁ漕いだ感じ問題ありません!


posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。