スポンサードリンク

2011年07月24日

自転車ライトを購入しました

新しい自転車ライトを購入しました。

買ったのはこちら。

DSC00553.JPG

「ジェントス 閃 SG-355B」です。


「安全性の為にもライトは強力なものがオススメ」
と以前このブログでも書きましたが、かくゆう僕のライトが貧弱でした(^_^;)



強力なライトが安全性向上に繋がることを
ずっと前から認知していたのに、

ずーっと適当なライトで済ませていました。

そんな僕が、なぜ強力なライトを購入したかと言うと、
友人が自転車で事故ったんです。



夜間、坂道を高速で下り走行をしていたら
タイヤをとられて横転したそうです。

腕を骨折して、頭蓋骨にヒビです。

幸いにも命に別状はなく、後遺症など残らない
ようなのですが、ビビりました。

そんなこんなで、安全に対して
今まで以上に意識するようになりますた。



これまで僕が使っていた自転車ライトはこんなの。

DSC00551.JPG

右が一代目の自転車ライト
CATEYE(キャットアイ) HL-EL135です。

これは確かサイクルベースあさひ かどっかで、
2000円弱で買いました。

「自転車ライトなんてどれでもいいっしょ」
てな感じで、適当に選んだんだと思います。


改めて明るさを調べてみたら、
約150カンデラだったようです。

この一代目のライトは半年くらいで
固定する部品が折れてしまいました。

ライトは使えるんですが、
自転車に固定できないから使えなくなりました(T_T)



で、次に買ったのは写真左の
ブリジストンのHL-SP2です。

これはキャットアイのライトの台が壊れたので
近くにあった自転車屋さんに飛び込んで買いました。

これも2000円ちょっとだと思います。

明るさは400カンデラです。

1代目のライトと比べると2倍以上の明るさのはずですが、
実際に使ってみると、あまり光が強くなったようには
感じませんでした。



そこで、「ジェントス閃 SG-355B」を
買うことにしたのです。

ネットでクチコミを調べまくったら
ジェントス閃 SG-355Bが一番よさげだったので。


ジェントス閃 SG-355Bの明るさは、100ルメーンです。

ルメーンって、何なんだよ!!

そんなツッコミが聞こえてきそうですが(^_^;)
そう、カンデラ自体も聞き慣れない単位でしたが
またルメーンとかいう意味不明な単位が登場。

せめて単位を統一してくれよ!
これでは、比較できないっすよね(笑)。



OKWaveによると・・・

「カンデラ」は光源が放つ光「全体」の量を示す「明るさ」です。

「ルーメン」は、「照射範囲」を考えた「明るさ」です。カンデラが同じ光でも、裸電球のように四方八方に光が出て行く場合は「ルーメン」は小さく、懐中電灯のように絞り込んで光の出る範囲を集中することで、ルーメンが大きくなります。

らしいです。


わかったようなわからないような・・・。

こう話した方がいいですね。


新しくライトを買おうと決めた僕は
色々と情報収集をしました。

そして「ジェントス閃 SG-355B」の対抗馬として
最後まで残っていたのが「キャットアイ 520」
という自転車ライトでした。

そのキャットアイ520は、1800カンデラでした。

で、ジェントス閃 SG-355Bは、
「そのキャットアイ520よりも断然明るい」
とのクチコミを多数見かけました。


なので、ジェントス閃 SG-355Bは
2000カンデラ以上はあると思います。

相当明るいってことです。

400カンデラのライトを使っていた僕からすれば、
とんでもないスペックアップなのです。



ただ、明るければ明るいほど良いって
もんじゃありません。

ジェントス閃 SG-355B以上に明るいライトは
沢山存在していますし、僕はむしろ「明る過ぎ」
を心配していました。

それは「きっと対面する人は眩しくてイラつくと思い」
というようなレビューがあったから。

キャットアイ520の1800カンデラで十分かな。
僕にはオーバースペックかな。

とも思ってました。


結局は

・デザイン
・光の強さ
・点滅機能
・電池の寿命
・経済性


などを考慮してジェントス閃SG-355Bに決めました。


キャットアイは明るさは丁度よいと思ったんですが、
デザインが好みじゃなかったです。そこが一番大きい。

だって、こんなデザインです↓



好みの問題ですが、ちょっとイヤでした。



一方、ジェントス閃SG-355Bは、それ自体が
カッコよくて、気に入りました。

しかし、電池の寿命が公称で点灯10時間・点滅で
16時間と短いという弱点があるんですね。

ただそれは、エネループ(充電池)が使えるのでOKかなと。



キャットアイ520は格安店で4000円ちょっとで売っています。
ジェントス閃SG-355Bは3000円弱です。

ジェントス閃SG-355Bは、電池の寿命が短いという
弱点がありましたが、そこはエネループでカバーします。

で、エネループを使うから、長い目で見れば
電池代が浮いて経済的ですよね。

僕みたいな自転車乗りは沢山消耗させそうですし。



そう、だからライトと同時に、
エネループ充電器+電池4本セットと
エネループ電池2個×2も買いました。

DSC00505.JPG

あきばお〜楽天市場支店が最安値だったんですが
送料など諸々コミコミで6244円でした。



で、ミストラル君に装着してみました!

DSC00517.JPG

こんな感じです。

DSC00525.JPG

実際に使ってみたら、かなり明るいです。
これにはちょっと感動しました。


これだけ明るければ、周りに認知してもらえるので
安全性はかなりアップしますね(^_^)


YouTubeに動画があったので張っておきます。



そうそう、ライトのところに、
ゲージみたいなイラストがありますよね。

実は、ジェントス閃SG-355Bは
光の大きさを調節することができます。

僕は普段しぼって使っていますが、
街灯がないような道では光を大きくすれば良いですよね。
そういう使い方もできます。


ではでは以上です。

【GENTOS】ジェントス・セン(閃) SG-355B

【GENTOS】ジェントス・セン(閃) SG-355B
価格:2,751円(税込、送料別)


posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 15:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

ミストラル君、初めてパンクしました。

前回の記事でノートラブルと書きましたが、
GIOS MISTRALに初トラブル発生です。

パンクしました。
初トラブルですね。




でも不思議なんです。

いつものようにチャリ通勤していたのですが、
行きは問題なくて、「さぁ帰ろう」って時に
我がミストラル君を見てみたら後輪がパンクしていました。

なんで??ってことです。


だって、僕は28キロ超の距離を
走ってきたわけですよね。

その間は何も問題なかったのに、
いきなりパンクしているんですから意味不明です。


で、近くの自転車屋さんで
パンク修理してもらいました。

サイクルスポットさんで840円でした。


で、修理した店員さんが見せてくれたんですが、
ホチキスの芯のようなものが刺さっているんです。



あ、ちなみに、

サイクルスポットに行く前に
タイヤチューブを悪くしちゃうので
空気を入れてから行きました。

約10分ほど、自転車を押して歩いたわけですが、
その間に自転車のタイヤは緩くなっていました。


これが何を意味するか?

例えばタイヤに空気を補充して、
あまり空気が抜けないようなら、
チャリ通勤の途中で知らず知らずのうちに
パンクをさせていて、仕事をしている10時間
とかの間に少しずつ空気が抜けたんだと理解できます。


でも、空気を補充したらすぐに抜けました。

となると、会社に着くホント直前にパンクさせたか、
駐輪場で誰かにパンクさせられたかしかありません。


そーいう話になったんですが、
結局は迷宮入りです。

posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

GIOS MISTRALの累積走行距離は4,179キロ

こんにちは。
久々の投稿になります。

GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)の
累積走行距離は現在4,179キロです。

サイクルコンピュータ

結構乗ったので、
改めてレビューをしてみますね。



結論から言うと、
ミストラル君、グッジョブですぴかぴか(新しい)

なぜなら、今のところノートラブルだから。

僕は普段一切メンテナンスはしません。

自転車屋さんでの定期点検なんてしたことないですし、
自転車カバーなどせず野外の吹きっさらしの場所に
いつも置いているし、車体をタオルで拭いてやることもない。

唯一しているメンテナンスらしいことは
チェーンに油をさすこととタイヤの空気を補充するくらい。

でも、考えてみたら、タイヤの空気補充も
買ってから1度しかしていないです。
いや、2度くらい入れたかな?とにかくそんなもんです。


まぁ要するに、
ミストラル君は可哀想な扱いを受けているんですが、
何一つトラブルなく頑張ってくれていますよってことです。


先代クロスバイクのコールマン君
4度の修理の後に累積走行距離6,705キロで
引退することになったことを考えると、
かなり優秀です。


まぁ自転車も消耗品なのでいつかガタがくるはず。
なので、何かトラブルがでたら報告しますね。

ではでは。

先代が引退した6,705キロを超えたあたりには
またレビューを書きたいと思いますグッド(上向き矢印)

 
posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 06:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。