スポンサードリンク

2011年01月24日

GIOS MISTRALのホイール「シマノWH-R500」のレビュー

ジオス ミストラル(GIOS MISTRAL)のホイール(※1)は

シマノの「WH-R500」です。


DSC00295.JPG


DSC00296.JPG


自転車シロートの僕はよくわからなかったんだけど、
このシマノWH-R500ってホイールは結構いいみたいです。



ミストラル購入前に自転車屋さんの
ホームページなどで情報収集をしていたら、

「SHIMANO WH-R500ホイール採用のスピードバイク」
「ホイールはWH-R500です。10万円台のバイクに使われる
ホイールなので、通常この価格帯ではあり得ません!」


というように、

ミストラルのウリとして、
ホイールを強調している方が結構多いのです。


AmazonでのWH-R500ホイールの説明だと

シマノの完組ホイールは社内認定を受けた職人によりすべて工場で手組されます。厳しい品質管理に基づいて作られるシマノホイールは素材の選択からスポークの本数算出、スポークアレンジメントの変更に至るまで空力と剛性を高めるため妥協なき改良が加えられている。


とのこと。

ちなみに、ホイールだけだと
片輪で6千円ちょっとで売っていました。



僕は知識がないんで

「へぇー、そーなんだー。」

って感じでよくわからなかったんですが、
先代のクロスバイクくんの引退原因は3度のスポーク(※2)
外れの後のホイールの歪みだったので、良いホイールなら
それはそれは嬉しいわけです。


なのでシマノのWH-R500ホイールを
標準装備していたのも
ジオス ミストラルを購入した理由のひとつでした。




で、気になるのが「走行してみてどうなのよ?」

ってことですよね。


いやねぇー、

良いんじゃないっすか?

すいません、、、正直よくわかんないんです。


ジオスミストラルに乗り換えてから、
走りが軽く良くなったのは確かですが、
それがホイールがどう影響しているのかって
全然わかんないっす。



車体は同じでホイールだけ履き換えれば
僕でもわかると思うんですが、、、

凄いと思いますよ、ネット掲示板とかで
ホイールについて熱く論争している人たちって。

奥が深い世界なんですねー。



ということで、結論。

良いホイールなんじゃないっすか?

(なんちゅうレビューだよ)



(※1 タイヤをはめる金属やプラスチックの輪のこと)
(※2 車輪のハブとホイールを結び、放射状に取り付けられる棒)


 


posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ホイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジオス ミストラルの初乗り初通勤の感想

今日はGIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)で初めての通勤。

DSC00281.JPG


そうそう、僕は片道28.3キロの距離をチャリ通勤してます。

2010年5月9日に先代のクロスバイクを破格の2万円で
購入したものの、安かろう悪かろうとは良く言ったもので
4回の修理の後、9か月という若さで引退となりました。

でもまぁ累積走行距離は6700キロですからね。

往復57キロ。

自転車の方が可哀想でした。



で、GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)くん。

彼には当然先代と同じく、往復57キロという
過酷な条件で頑張ってもらうわけです。

かなり酷使することになるので、
可哀想ではあるのですが、

僕も長く付き合えるように
大切に扱ってあげないとですね。



そんな悲運のMISTRAL(ミストラル)くんですが、

とっても、いいです。

期待通り(⌒ー⌒)




初乗りの時から感じていたんですが、

軽いです。


先代に比べて車体は2キロ軽い(11k)のですが
2キロって大きな違いなんですね。



そして上り坂、

チョー楽です(^〜^)/


これはギアも関係しているのかな?
以前は降りて押していた急坂もスイスイ昇れちゃいます!




ひとつ残念だったのがサイクルコンピュータの
取り付けミスをしてしまってたこと。

先代のクロスバイクとの通勤データを比較したかったのに、
肝心のサイクルコンピュータが異常で、
測定になりませんでした。

昨日の夜、街灯の元、怪しく作業してたんですが、
移植ミスをしっちゃったみたいです(T_T)

 
posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジオスのミストラルの包装

ジオスのミストラル、おととい届きました。

包装はしっかり丁寧♪

DSC00259.JPG


前のクロスバイクも購入時には配送してもらったんですが、
その時の包装ダンボールの大きさにはビビりました。

人が住めるんじゃないかってくらい、
でかいダンボールでした。

今回は、その半分くらいのサイズかな?

サドルをはみ出させているから小さめのダンボールで
事足りたっぽいけど。



ダンボールから出すと、こんな感じです。

DSC00265.JPG


買ったのは、白。

ジオス ミストラルは青・黒・白・スカイブルーの4色あります。

ジオスといえば青、ジオスブルーなんて言われる青を選ぶのが
王道なのかもしれないですが、ベッキー的な発想でダーク色を
避けている僕なので(笑)白を選びました。

ファッション的にも白は合わせやすいですしね。
夜でも目立ちやすいので、多少は安全性アップかも?


さてさて、サドルとスタンドは自分で設置しなくちゃいけない。

DSC00268.JPG


この手のクロスバイクでは
スタンドは標準装備されていなかったりします。


走りを目的にしているロードバイクに乗っている
人にとっては重量を増すスタンドなんて無駄らしいけど
僕なんかはスタンドは必須です。

なのでジオスミストラルにスタンドが付いているのは
嬉しいですね。

posted by GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル) at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ミストラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。